朝一トレードでFX相場を乗り切る

~サラリーマンでもできる、簡単かつ手堅いトレード検証中~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます。

今朝も注目ナシです。

昨日と変わらずAUD/JPYの買い、
GBP/JPYの売り待ちです。


一般的な配信サービスを受けられている方から、
ご質問を受けました。

3月のボラティリティの高い相場で、
大きな損失を出されたらしく、
その配信サービスと相場サイクルFXの違いはなにか?
という内容です。


お話を伺う範囲で違う点は以下の2点です。

1.ボラティリティにより損切りpips数を変更
2.損切りは資金の2%


その配信サービスは、

1.常に同じ損切りサイズ

  相場により損切りサイズは変わるはずです。
  必要以上損切ることになったり、
  相場転換前に損切りにかかってしまう恐れがあります。


2.ハイリスクハイリターン

  100万円の資金に対して、
  10万単位取引を推奨されているようです。

  100pipsのマイナスになったら、
  10万円の損切り(資金の10%!)

  利が乗れば損切り値は変更するそうですが、
  それでもさすがにリスクが高すぎます。


大きくは狙わないで、
時間をかけてミドルリスクミドルリターンを狙いましょう!


<保有ポジション>

■EUR/USD
なし


■USD/JPY
なし


■EUR/JPY
なし


■AUD/USD
なし


■AUD/JPY
なし


■GBP/JPY
なし


これまでの成績は以下の通りです。



※2010年10月までは、実績見込です。


スイング足:日足(スイングトレード用)
デイトレ足:2時間足、4時間足(デイトレード用)


サラリーマンのための相場サイクルFX(手堅い人向け)

ご連絡はこちらからお願いします。


↓よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ    blogram投票ボタン    

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://s11310.blog88.fc2.com/tb.php/548-7845ae00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。